ホルモンバランスとは

私たちの生理活動に微量で作用するこのホルモンが乱れると、卵胞の発育や排卵が正常に行われなくなってしまいます。


そのため、生理不順・無排卵や排卵障害の原因になり兼ねません。

また女性ホルモンの働きが女性らしい丸みのある体を作ったり、自律神経を活発にして体調を整え、皮膚の血流を良くして血色をよくし、肌を整えます。そこで、ホルモンバランスを整えるサプリについて紹介したいと思います。

ホルモンバランスが整えば、月のめぐりがスムーズにおきて、卵胞の発育や排卵をスムーズにすることができます。

 

ホルモンバランス,サプリ

ホルモンバランスを整えるために必要なことホルモンとバランスを整えるためは、自律神経を整える、ストレスに対抗する(抗酸化作用)、血流を改善するの3つの働きが大切になります。


ホルモンバランスを整えるためには、自律神経が大切です。自律神経と言うのは、人間が無意識に動かしている体の器官をコントロールする神経のことです。例えば、汗をかくとか、心臓を動かすとか、血液を流すとか、こういったことって、意識してできることじゃないですよね。このような働きをコントロールしているのが自律神経です自律神経とホルモンバランスの関係は自律神経がなぜホルモンバランスと関係しているのか?ということなんですが・・・。実は、自律神経は、性ホルモンの分泌をコントロールしている視床下部のすぐ近くにあります。


そのため、自律神経が乱れると、視床下部にも影響が出てホルモンバランスが崩れてしまうのです。ですから、自律神経を整えることが出来れば、視床下部が安定して、性ホルモンをコントロールできる=ホルモンバラスが整うというわけです。性ホルモンによって排卵はコントロールされるので妊活にとってとても大切な事です

 

ホルモンバランスサプリの効用

さきほど、自律神経が乱れるとホルモンバランスが崩れるということを書きました。では、自律神経が乱れる原因は何か?というと、それは「ストレス」なんです。


精神的なストレス、肉体的なストレスともに自律神経の乱れの原因になります。


妊活中は、プレッシャーからストレスをためてしまう人もいるかもしれませんね。

ココは、是非ケアして下さい。

 

ストレスで自律神経が乱れる理由

 

人間は、ストレスを受けると、それに対抗するために「副腎」と呼ばれるところから、ストレスに対抗するホルモンを分泌します。この分泌がしっかりと出来ているうちは、ストレスが原因で自律神経が乱れると言うことはありません。

ホルモンバランス,サプリ

ところが、ストレスがかかりすぎて、副腎への負荷が重くなりすぎると、副腎はホルモンの分泌が正常にできなくなってしまいます。


そうなれば、ストレスに対抗するホルモンが分泌されなくなるので、自律神経が乱れますよね。


前にも書いたように、自律神経が乱れればホルモンバランスが崩れます。つまり、ストレスによってホルモンバランスも崩れてしまいます。

 

抗酸化物質はストレスに対抗してくれる

 

ストレスによって、体内には大量の活性酸素が発生します。活性酸素は、体内の細胞を傷つけてしまうため、体の老化、血流の悪化、さらに精子や卵子の質の低下にも結びついてしまう怖い物質です。この活性酸素を除去してくれる物質を「抗酸化物質」と言います抗酸化物質には、ビタミンC,ビタミンEなどがあり、ホルモンバランスの乱れに対抗するには、このような成分の摂取がとても大切になるのです。

 

血流改善することは、ホルモンバランスの改善に必要

 

妊活の基本と言っても良いのが、「血流を良くする」ということ。血流が悪ければ、卵巣・子宮に十分な酸素・栄養が行き渡らず、卵巣や卵子の状態が悪くなります。また、ホルモンバランスという点で考えても血流はとても大切


ホルモンは血液によって体の各所に運ばれていきます


血流が悪ければ、ホルモンの運搬・伝達がうまくいかなくなりますよね。


ホルモンバランスは崩れてしまいます。でも血流が良くなればホルモンの運搬・伝達がうまくいって、ホルモンバランスを整えることができるわけです。

 

なぜホルモンバランスが崩れるかその原因

ホルモンバランスが乱れる原因はいくつかあります。
まずは自律神経の乱れです。

 

自律神経とは交感神経と副交感神経のふたつから成立している神経で、人間の意思が及ばない部分の体の働きを調節している神経です


発汗、血液の流れ、栄養摂取や内臓の働きなどがその一例としては挙げられます

ですからこの自律神経が乱れると様々な不調が引き起こされやすくなりますそして自律神経とホルモンバランスには深い関係があります

それは両者を司っている部位が同じ、大脳の視床下部だと言う点です。結果、自律神経のバランスが不調に陥ると、その影響を受けてホルモンバランスも崩れやすくなると言う具合です。自律神経の不調が引き起こされる原因としては、強いストレスや睡眠時間が極端に短い入眠時間がとても遅いと言った生活リズムの乱れが挙げられます。また極端な温度変化にも弱いので、夏場などは室外と室内の温度差によって自律神経が崩れると言うことも少なくありません。


ですからこの場合は過度なストレスとは距離を置くこと、規則正しい生活習慣を心がけることが効果的です。


そして適度な運動習慣を持つことも効果的とされており、これはそのことで自律神経の働きを活性化させることが期待できるためです。朝晩の軽いストレッチでも、十分に効果を期待することはできるとされています。

 

ホルモンバランス,サプリ

それから加齢も原因のひとつですたとえば女性の場合10代と40代以降はホルモンバランスは乱れやすくなります。10代の場合は初潮以降、月経を重ねていくことで少しずつ状況は改善されていくのが一般的です。しかし40代以降の場合は、加齢により卵巣機能なども低下してくるので、よりその傾向は強くなります。そしてそれがいわゆる、心身において様々な不調を及ぼす更年期障害を引き起こす要因となります。年齢によることなのである程度は仕方ないと言えるのですが、気をつけたいのは疾病が関係している場合もあると言う点です。疾病によって卵巣機能に支障が発生していたりして、それがホルモンに影響を及ぼしていたりすると、それは時には命にかかわることもあります。この場合、単に加齢だからと決めつけてしまうのではなく、病院に相談することも必要です。その上で疾病は関係していないと診断された場合には、やはり生活習慣を整えることが求められます。またホルモン療法を行うことも効果的です。


それ以前に食品からホルモンに似た構造をしている成分を摂取するのも良いです。

 

ホルモンバランスが崩れるとおこる症状

ホルモンバランスを崩すと実に色々な症状が出てきます。生理周期の乱れ、無月経、むくみ、生理痛、頭痛、肌荒れ、抜け毛、めまい、胃腸障害、体重増加、情緒不安定、だるさ集中力低下などいわゆる心身全体が不調となります。単なる体調不良だと思い込み、何も対処せずに放っておくと症状は悪化します。


熱が出るなどの分かりやすい症状では無い為、なかなか対処方法が分からないと放っておく人も多いのですが早めにホルモンバランスの乱れであることに気づき、生活習慣を見直すことが必要です。ホルモンバランスを整える方法は一つではありません。薬を服用するとすぐに治るものでもありません。基本的な生活習慣全体を正すことが大切なのです。

 

ホルモンバランス,サプリ

 

早寝早起き、適度な運動、ストレスを溜めないように工夫する。そして栄養豊富な食生活を送ることです。栄養が不足するとホルモンバランスは崩れます。


現代は飽食の時代なので栄養不良になることはないと思われがちですが、添加物が多い加工食品を摂取すると体内のビタミンミネラルが消費されてしまうために、どんどん体内の栄養が奪われてしまいます。コンビニの食品やファーストフードをよく食べることも同じです。糖質脂質が多く含まれており栄養バランスが悪くなり、満腹になったとしても栄養は足りていません。単にお腹を満たす食べ物を選ぶのではなく、栄養がたっぷり摂取できるような食生活を送ることが大切ですその上でサプリメントを摂取することで栄養バランスを取ることも良い方法です


食生活改善はホルモンバランスを整える効果は高いものです


そして早寝早起きは自律神経を整えるためにも重要です。自律神経とホルモンバランスは切っても切れない関係です。自律神経が乱れるとホルモンバランスが乱れ、ホルモンバランスが乱れると自律神経も乱れます。夜遅くにスマートフォンやテレビを見たりするだけで脳神経が疲労して深い睡眠を妨げ、自律神経が乱れます。夕方以降は明るい光を避け、早起きして朝日を浴び、簡単なストレッチをする、これらは健康的で自律神経もホルモンバランスも整えることが出来ます。多忙な現代人は難しいことかもしれませんが、健康な心身をはぐくむことは充実した人生を送るためにもとても大切なことです。ストレスも健康に害があります。ストレスを全く無くすことは難しいですが、上手に気分転換する方法を見つけておくとホルモンバランスが乱れることを防ぐことが出来ます。

 

 
更新履歴